まつむら眞弓 泉岳寺で朗読劇 約50分の熱演「大石内蔵助さんに伝わったと」

[ 2019年12月15日 05:30 ]

泉岳寺で怪談話を朗読したまつむら眞弓
Photo By 提供写真

 東映京都撮影所所属の女優まつむら眞弓(年齢非公表)が14日、赤穂四十七士が眠る東京・高輪の泉岳寺で朗読劇を開催した。

 演目は赤穂藩士の橋本平左衛門が遊女と心中した実話をベースに創作した「怪談たたり三味線 貳(に)の糸 不忠の義士」で、およそ50分にわたって熱演。義士祭でにぎわう泉岳寺での朗読会は昨年に続いて2度目で、「きっと昨年以上に大石内蔵助さんに伝わったと思います」と感無量の様子。新作「三の糸」も準備中で、来年には米サンフランシスコでの公演も予定していると明かした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年12月15日のニュース