武井壮「世間は美人に優しい」論争に持論も…「逆に美人でもダレノガレとか」

[ 2019年12月15日 11:30 ]

タレントの武井壮
Photo By スポニチ

 タレントの武井壮(46)が15日、TBS「サンデージャポン」(日曜前9・54)に出演。「世間は美人に優しい」騒動で持論を展開した。

 この意見に、モデルの「ゆきぽよ」こと木村有希(23)は「確かに、美人は得だなって思います。エリカ様も薬物を使用してても、きれいだし、美人だし、かわいいなと思うけど」と語りつつも、「美人だからって薬物やっていいとは全然ならない」とキッパリ。

 全日本テコンドー協会元会長の金原昇氏(65)も「(美人には)甘いですね。西川先生を見たら、もう倒れてしまいますよ」とポツリ。これには、女医でタレントの西川史子(48)も思わず喜びつつも、「逆に、美人に優しい分、冷たい部分もある」とも。武井は「確かに優しい面とは思いますけど、美人というのを含めて、それ以外の才能とか能力にも多少の甘さもある。世の中で使える場所がすごく多いので、復帰もしやすいだろうし、いろいろな能力を持っていたら、次のキャリアにも生かしやすいから、甘く見えるような気がするだけ。そうでない人も能力を磨けばいい役をやることもできる」と持論を展開。「逆に、美人でもダレノガレとか意外と優しくされてないなって思う…」と指摘し、笑わせた。

 フリーアナウンサーでタレントの高橋真麻(38)が10日放送のフジテレビ系「バイキング」(月~金曜前11・55)で、6日に保釈された女優の沢尻エリカ被告(33)が保釈時に報道陣の前に姿を見せなかったことについて「世間は美人に優しい」と本音をもらし、物議をかもしていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年12月15日のニュース