テリー伊藤 梅宮辰夫さん葬儀振り返り…「本当のいい葬儀でした」

[ 2019年12月15日 10:30 ]

テリー伊藤
Photo By スポニチ

 演出家でタレントのテリー伊藤(69)が15日、TBS「サンデージャポン」(日曜前9・54)に出演。12日に慢性腎不全のため81歳で死去した俳優梅宮辰夫さんの葬儀について語った。

 葬儀は14日、近親者のみの密葬形式で、約100人が参列。喪主は妻クラウディアさん(75)が務めた。長女でモデルの梅宮アンナ(47)は家族を代表してあいさつに立ち、涙ながらに「最高のパパでした」と声を振り絞った。斎場は17年に大親友の俳優松方弘樹さんの葬儀が営まれた場所で、親交のあるタレントせんだみつお(72)やテリー伊藤(69)も参列した。

 テリーはたまたま11日にアンナと一緒だったといい、「梅宮さんのことが大好きなんで(体調は)どう?って聞いたら、ちょっと頑張っているって、大変な話を聞いて、もう次の日に亡くなって…」と突然だったことを振り返り、「LINEしたら、『近親者のみで会うので来ませんか?』というので最後のお別れを言いに行ったんです」と明かした。

 「棺にアンナちゃんがお菓子をいっぱい入れているんです。梅宮さんが好きな…。あと、コーヒーが好きなので、あのまま入れちゃうとダメなので、来るんで入れ替えて…。アンナちゃんのお子さんの英文の手紙が何枚か書いてって、凄い素敵で…」としみじみ。「最後見させてもらった時、本当に梅宮さんが男前なんで、奥さんとみんなに『本当に男前なんですね』と言ったら、すごく喜んでくれて。身内だけだったんですけど、たまたま参加させてもらったんですけど、本当のいい葬儀でした」と振り返った。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年12月15日のニュース