才賀紀左衛門 長女の親権と監護権は自分「責任を持って」あびる優との離婚謝罪「お騒がせして」

[ 2019年12月15日 11:35 ]

才賀紀左衛門
Photo By スポニチ

 タレント・あびる優(33)と離婚した格闘家の才賀紀左衛門(30)が14日夜、自身のインスタグラムを更新。「今回の件で世間の皆様をお騒がせして大変申し訳ございませんでした」と謝罪し、自身が長女(4)の親権と監護権を持つことを強調した。

 今年に入って離婚の話し合いを続け、今月4日に離婚届を提出。原因は生活のすれ違いや価値観の違い。

 才賀は「僕たち夫婦は今回の離婚報道を受け、別々の道を歩むことになりました」と報告。「僕、才賀紀左衛門が(長女の)親権並びに監護権(育児権)を持ち、責任を持って育てていくことを表明いたします」と誓った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年12月15日のニュース