年末ですから…真矢ミキ 実況ルポ「これどうでしょう?」

[ 2016年12月18日 16:22 ]

真矢ミキ
Photo By スポニチ

 女優の真矢ミキ(52)が18日、自身のブログを更新。来年の年賀状のために版画制作を行う様子を実況。制作過程を度々更新し、来年は酉年のため、クジャクをモチーフにしたデザインにしたい様子だ。

 真矢はこの日午後、「目指せ三時間」と題してエントリーすると「皆様いかがお過ごしですか。今日の私の一日のメインスケは、滑り込みセーフ!?の年賀状作り 一人でテンションあげるために工程をアップしていきます。お付き合い下さいませ」と、フォロワーを巻き込みながら年賀状作りをはじめた。そして、「先ずは、下書き案…うーん酉年ですか?何にしようかな?と焦りながら思案中 ヨーイスタート!!」とつづり、デスクの写真をアップ。真矢はこれまでも毎年年賀状用に版画を制作していたようで、過去に用いた版木を数点紹介した。

 そしてその37分後、今度は「これどうでしょう?」とのタイトルで、下絵をアップ。クジャクをモチーフにするようで、「広げた羽根の中に文字かな… なんか一捻りほしい…ウーン」と悩み、さらにその17分後、「ウーン、まじめ…かな」と題し、さらに描き込んだ下絵をアップ。「羽根のあたり芸術的にするかな…うーん」と、まだ悩んでいるようだ。

 さらにその16分後、「しつこくて…すみません」と謝りつつも、また下絵をアップ。かなり完成してきたようで、「雪の結晶…とか」と、羽の部分に年号を入れていたところを雪の結晶を描き込もうと考えたようだ。そしてついにその40分後、「下書き完成」と報告。下絵が無事完成し、羽根がハートのモチーフとなり、その中に花があふれる下絵が完成。「こんな感じになりました〜」とつづり、予告通り3時間以内で下絵を完成させた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2016年12月18日のニュース