角田信朗、島木さん悼む「リングでも舞台でも輝き、幸せな人生」

[ 2016年12月18日 05:55 ]

島木譲二さん通夜

弔問に訪れた角田信朗
Photo By スポニチ

 格闘家の角田信朗(55)は、「リングでも舞台でも輝き、幸せな人生を送られたと思う」と悼んだ。島木さんがテレビの企画で出場した空手大会で対戦するなど、30年以上前から交流があった。

 最後に会ったのは「2、3年前に大阪市内で開かれた井岡一翔君のボクシングの試合会場だった」。リングサイドで観戦する島木さんに「もう一回僕とこのリングで試合しませんか」と声を掛けると、笑顔を返してくれたように見えたという。「車いすだった気がする。体調不良なのかなとは思ったが、そこまでやつれた感じではなかった」と振り返った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2016年12月18日のニュース