“泣かせる”林部智史 テレ朝「就活家族」で初ドラマ主題歌

[ 2016年12月18日 06:00 ]

テレビ朝日のドラマ「就活家族」の主題歌を歌うことになり、主演の三浦友和(右)の激励に撮影現場を訪れた林部智史
Photo By スポニチ

 デビュー曲「あいたい」が約10万枚のロングヒット中の歌手林部智史(28)が、初めて連続ドラマの主題歌を歌う。

 来年1月12日スタートのテレビ朝日「就活家族〜きっと、うまくいく〜」(木曜後9・00)の主題歌に、新曲「晴れた日に、空を見上げて」が起用された。家族4人全員が就職活動に臨むドラマで、林部はミディアムバラードで後押しする。「キャストのみなさんの心に寄り添い、ドラマを見てくださる方の心に寄り添えるように」と思いを込めてレコーディングした。

 主演の三浦友和(64)は撮影現場を訪れた林部に「主題歌はドラマの大切な一部分。それを“今、最も泣かせるアーティスト”と言われる林部さんに歌っていただけると聞いてうれしかった」と笑顔で話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2016年12月18日のニュース