「逃げ恥」ロケ地訪問・写真撮影に注意喚起“聖地巡礼”自粛呼び掛け

[ 2016年12月18日 09:05 ]

 TBSは17日、ブームを巻き起こしている同局「逃げるは恥だが役に立つ」(火曜後10・00)のロケ地マンションを訪れ、写真撮影などをする人がいるとして、番組公式サイトで注意喚起した。

 20日に最終回を迎える新垣結衣(28)主演作の人気が、ついに“聖地巡礼”に飛び火した。

 同サイトは「最近、『逃げ恥』撮影ロケ地であるマンションを訪れ、写真等を撮影したり、住居スペースに入ったりと ご迷惑をおかけするという案件が出てきております」と報告。「『逃げるは恥だが役に立つ』を毎週楽しみにご覧いただいている皆さまには無縁のことと思いますが、快くお貸しいただいたロケ地は、ドラマで使用されてはいますが、一般の方が生活する居住地です。そのような行為はお控えいただきますよう、お願い申し上げます」と自粛を呼び掛けた。

 原作は講談社「Kiss」で連載されている海野つなみ氏による同名漫画。求職中の妄想女子・森山みくり(新垣)が、独身会社員・津崎平匡(星野源)の家事代行として働くうちに、2人が従業員と雇用主という関係の「契約結婚」をしてしまう社会派ラブコメディー。エンディングで星野が歌う主題歌「恋」に合わせ、新垣らキャストが披露する通称・恋ダンスが社会現象になった。

 平均視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区)も初回から一度も数字を落とすことなく推移。前回の第10話(13日放送)は17・1%。最終回の大台超えを視野に入れた。

 モデルとなった場所を訪れる“聖地巡礼”をめぐっては、人気アニメ「ガールズ&パンツァー」が昨年11月、映画「ガールズ&パンツァー劇場版」の舞台となったゴルフ場に立ち入らないよう、ファンに注意喚起。大ヒット中のアニメ映画「君の名は。」も今年9月、苦情が多数あるとして、公式サイトに注意喚起のメッセージが掲載された。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2016年12月18日のニュース