「君の名は。」中国で日本映画興収1位 ドラえもん抜いた!

[ 2016年12月18日 05:30 ]

アニメ映画「君の名は。」のビジュアル(C)2016「君の名は。」製作委員会
Photo By 提供写真

 中国全土で公開されている新海誠監督のアニメ映画「君の名は。」の興行収入が17日、約5億3300万元(約90億2000万円)に達し、中国で上映された日本映画の興行成績記録を更新した。映画専門サイト「猫眼電影」が伝えた。

 これまでの最高は2015年公開のアニメ映画「STAND BY ME ドラえもん」で約5億3000万元。共同電によると、2日から公開が始まった「君の名は。」は、外国映画に政府が厳しい規制を設ける中国で「異例のスピード」で公開が決まった日本映画。初めての週末の興行収入でも、ドラえもんを抜いて歴代日本映画最高だった。

 観客動員も9日までに1432万人を突破。新海監督は同サイトに「中国という国の大きさと、皆さんの作品への愛情を実感しました。とてもしあわせです」とメッセージを寄せた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2016年12月18日のニュース