DAIGO 絵本作家デビュー作は「KSK」 北川景子とは「MHI」

[ 2016年12月18日 12:12 ]

作・画を手掛けた絵本の発売イベントを行ったDAIGO
Photo By スポニチ

 歌手のDAIGO(38)が18日、作・画を手掛けた絵本「ビッグフェイスくん」(ワニブックス刊)の発売記念握手会を東京・福家書店新宿サブナード店で行った。

 絵本作家デビューとなるが、「オファーがあったわけではなく、去年の夏頃に急に思いついて、ひらめいちゃったからノートに数時間で描き上げた」と説明したDAIGO。そのエピソードをテレビ番組で話したところ出版社の目に留まり、とんとん拍子で刊行に至ったという。

 異星からやってきた顔の大きな男の子が、地球での不便を解消するため一念発起する物語で、出来ばえについては、「結婚してください」ではない「KSK(傑作)。これ以上言いようがないくらい、いい仕上がり」と自画自賛。妻で女優の北川景子(30)も「クリエーティブだねって褒めてくれた」と相好を崩した。

 結婚から間もなく1年となり、「あっという間ですよね。めちゃくちゃ速かった。でも、いまだに街でもおめでとうと声をかけてもらえる。たくさんの方に祝福されています」と笑顔。そして、「結婚は自分的にはすっごくいいですね。できて良かったとエブリデー、エブリタイム感じている。支えてくれるし、一緒にいるだけで心強い」とのろけた。

 その上で2016年を、DAIGO流にアルファベット1字で「K」と表し、「結婚、そして感謝。奇跡的でもあったし濃い1年でもあった。永遠と言えちゃうのでこのへんで」と冗談めかす。いずれ生まれくる子供に絵本を見せたいかという質問には、「そうなったら素敵なことだけれど、今はMHI(まだ2人でいたい)ですね」と強調していた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2016年12月18日のニュース