尾上松也「驚きました」 中村壱太郎「似すぎていて怖い」

[ 2016年12月18日 20:32 ]

浅草寺で自分がモデルの羽子板をもらった尾上松也(右)と中村壱太郎
Photo By スポニチ

 「新春浅草歌舞伎」(来年1月2〜26日、浅草公会堂)に出演する歌舞伎俳優の尾上松也(31)、中村壱太郎(26)が18日、東京・浅草の浅草寺で開催中の「羽子板市」を訪れた。

 「吉野山」で演じる佐藤忠信に扮した姿の羽子板をプレゼントされた松也は「私の化粧の特徴をすごくとらえていてくれて驚きました」と感激。「浅草の皆さんに支えてもらっていると痛感し、新春歌舞伎に向けてやる気がみなぎってきました」と語った。また、静御前を演じる壱太郎も「似すぎていて怖いです。美しく舞台を務めたい」と意気込んだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2016年12月18日のニュース