あふれる「真田丸ロス」感謝と惜しむ声続々 ネット号泣“衝撃”ラストに笑いも

[ 2016年12月18日 21:00 ]

大河ドラマ「真田丸」が最終回を迎え、完結。SNS上には「真田丸ロス」の声が相次いだ(真田幸村を演じた堺雅人)(C)NHK
Photo By スポニチ

 戦国時代最後の名将・真田幸村の生涯を描き、ブームとなったNHK大河ドラマ「真田丸」(日曜後8・00)は18日、10分拡大版で最終回(第50話)を迎えた。ヒットメーカー・三谷幸喜氏(55)の冴え渡る脚本、主演の堺雅人(43)をはじめとした芸達者なキャストの熱演がユーモアを交えながら骨太な人間ドラマを形作り、初回から人気沸騰。普段時代劇を見ないデジタル世代を巻き込み、1年間SNS上で反響を呼び続けた。インターネット上には放送終了を惜しむ声、感謝の声があふれ返り「真田丸ロス」が広がった。クランクアップ時に非公開だった場面は視聴者に“衝撃”を与えた。

 豊臣と徳川との最終決戦、大坂夏の陣(慶長20年、1615年)が始まった最終回。大坂城を出て、野戦に持ち込む幸村(堺)だったが、形勢は圧倒的に不利。死を覚悟した茶々(竹内結子)に、幸村は「望みを捨てなかった者にのみ、道は開ける」と諭す。やがて毛利勝永(岡本健一)らの活躍により、戦況は一転。豊臣方は徳川軍を次々と撃破。幸村は徳川家康(内野聖陽)ただ一人に狙いを定め、たった一騎で突き進む…という展開だった。

 1年2カ月に及んだ撮影は10月27日に最終日を迎えたが、クランクアップは異例の非公開。最後に撮影されたのは安居神社の境内、幸村最期のシーンだった。真田家に仕えてきた忍び・佐助(藤井隆)の年齢が、幸村(49歳)より年上と判明。最後の最後も視聴者の笑いを誘った。

 また、PRムービーとして制作された13分9秒のスピンオフ動画「ダメ田十勇士」(企画・脚本・演出江口カン)の博多華丸(46)矢本悠馬(26)岩井秀人(42)松村邦洋(49)梅垣義明(57)鈴木拓(41)脇知弘(36)が最終回本編にサプライズ出演した。

 SNS上は「寂しい」「1年間、感動をありがとうございます」などとロス状態に陥った。「歴史に残る名作大河の最終回として、ふさわしいものだったと思います」などの絶賛の声が続々。「もう言葉がありません。序盤から涙が止まらないし、朝まで泣いてるかもしれません」などと涙に濡れた。

 「もう感無量。100点、1000点、いや1万点。出演者、スタッフの皆さんに感謝です」「今回も歴史は変わりませんでしたが、ただ悲しいわけじゃない。見終わったら心に不思議な風が吹きました」などの書き込みが相次いだ。

 午後6時からのBSプレミアムの放送を「早丸」、ナレーションを務めた同局・有働由美子アナウンサー(47)が登場人物の死を淡々と読み上げる様を「ナレ死」と呼ぶなど、インターネット発の用語が多数生まれ、「Yahoo!検索大賞2016」のドラマ部門賞に輝いた。家族の物語として一艘の船に例えられた“真田丸”は、視聴者という乗組員とともに長い航海を終えた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2016年12月18日のニュース