バイセクシャル公言の大石絵理 成宮氏に同情「本当に傷ついていると思う」

[ 2016年12月18日 11:39 ]

「サンデー・ジャポン」に生出演したモデルの大石絵理
Photo By スポニチ

 バイセクシャルを公言しているモデルの大石絵理(22)が18日、TBS系「サンデー・ジャポン」(日曜前10・00)に生出演。薬物疑惑や性的指向が報じられ、芸能界引退発表した元俳優の成宮寛貴氏(34)の心中を思いやった。

 大石は「私は2年前に番組で思い切って(バイセクシャルを)言ってみたんですけど、やっぱり家族や友達でさえも険悪になる感じがあって傷ついた」と自身の経験を告白。「成宮さんもそれですごく傷ついたと思う」と同情を寄せた。

 また、「薬物の問題から目を逸らすためにその話をしたんじゃないかと言われていますけど、私はそれは絶対関係ないと思う」と断言。「同じような恋愛観の立場から考えると、身近な人に裏切られたショックやデリケートな部分を報道されたことに対して本当に傷ついているんじゃないかと思います」と成宮氏を思いやった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2016年12月18日のニュース