ASKA容疑者 酸素カプセルの数十分で再転落…家族の愛がアダに

[ 2016年12月18日 09:30 ]

11月28日に逮捕されたASKA容疑者
Photo By スポニチ

 先月28日、覚せい剤取締法違反の疑いで再逮捕された「CHAGE and ASKA」のASKA容疑者(58)。自宅で愛用の酸素カプセルに入ったわずか数十分の空白が、再び転落へと向かう分かれ道となった。

 それは1月9日深夜。ブログに公開された約9万5000字の長文が即座に削除されたときのことだ。国家ぐるみの盗聴被害を訴える文章からは幻覚や幻聴の影響がうかがえ、14年に共に逮捕された元愛人への未練もあらわだった。公開を終えASKA容疑者が酸素カプセルで充足感に浸る傍ら、長男と長女が復帰への悪影響を危惧し文章を削除した。この早業にASKA容疑者は「やはり盗聴犯はいる」と信じ込んでしまった。

 ASKA容疑者は、この文章をブログに公開する前に、信頼している福岡県のIT関係の女性に見せ「発表したい」と相談していた。女性は猛反対したが、ASKA容疑者が押し切った経緯がある。文章がブログに出たことを知った女性は家族に「すぐ消さないと大変なことになる」と連絡。長男と長女は、女性の指示に従って削除した。

 家族や女性にとっては更生のためのサポートだった。しかしこの日を境に、ASKA容疑者は、自身が正しいと強く訴えるブログを数度更新し、そのたびに削除されるなど、妄想の中の盗聴集団「ギフハブ」との闘いへ道を外していく。

 やがて、見かねた周囲から、長文の削除はギフハブではなく家族が今後のためを思って行ったと知らされる。それでも、もはやASKA容疑者は「家族までギフハブの手に落ちた」と信じ込む状態。かえって妻や子供への不信感をあらわにした。同時に、ASKA容疑者を擁護し、理解を示す福岡県の実家へ入り浸るようになり、現在の家族と実家にも溝ができた。

 19日に勾留期限を迎えるASKA容疑者は現在も一貫して否認を続けているとみられるが、尿検査の結果から検察は起訴に自信を見せている。警視庁は薬物供給元として、東京・新宿の暴力団ルートに関心を寄せる。

 芸能史の薬物禍の中でも、これほど薬物使用者がボロボロになり、家族が崩れていく恐ろしさを浮き彫りにした事件はかつてない。起訴されれば約4〜5年の実刑は免れないとみられるが、病人でもある今のASKA容疑者にとって、強制的に薬物と隔絶される日々は好影響を及ぼすかもしれない。

 ▼事件VTR ASKA容疑者は11月25日午後7時ごろ「盗撮されているから確認してほしい」などと自ら110番。警察官が自宅を確認したが、盗撮の事実はなく意味不明な言動をしたため、任意の尿検査を要請。尿が微量だったため検査キットによる鑑定は行わず科学捜査研究所に回された。28日、陽性反応が出たことからテレビで「逮捕する方針」と報道されると、立て続けに4度ブログを更新し潔白を主張する異例の展開を見せた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2016年12月18日のニュース