楽天・渡辺佳が100万円増の年俸1250万円でサイン 祖父は横浜高・渡辺元監督

[ 2021年11月25日 16:20 ]

契約更改で昇給を勝ち取った楽天・渡辺佳(球団提供)
Photo By 提供写真

 楽天の渡辺佳明内野手(24)が25日、仙台市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、100万円増の年俸1250万円でサインした。3年目の今季は45試合で打率・273、1本塁打、7打点という成績を残し、守備では内外野を守れるユーティリティー性を発揮した。

 1軍で開幕を迎えたものの、4月22日に2軍に降格。再び1軍に昇格したのは9月4日だった。「初の開幕1軍で出だしはよかった。その後は2軍暮らしが続いたけど、最後は緊迫したところで(1軍の)試合に出られてよかった。CSにも出られて貴重な体験ができた」。特に9月と10月は33試合に出場して打率・306で、来季への手応えをつかんでシーズンを終えた。

 打撃が魅力の高卒野手も入団してくるが「ライバルという認識はあるけど、自分の中で少なからず自信はある。負けないようにがんばりたい」と渡辺佳。4年目は定位置獲得を目指す。(金額は推定)

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年11月25日のニュース