オリックス・杉本 低めスライダーを技あり同点打も…再びリード許す

[ 2021年11月25日 19:02 ]

SMBC日本シリーズ2021第5戦   オリックスーヤクルト ( 2021年11月25日    東京D )

<ヤ・オ>4回2死二塁、杉本は中前に同点適時打を放つ(投手・原)(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 オリックスの杉本裕太郎外野手(30)が1勝3敗の崖っぷちで迎えた「SMBC日本シリーズ2021」第5戦で一時同点となる中前適時打を放った。

 0-1で迎えた4回。先頭の福田が右前打で出塁も盗塁死となるなど簡単に2死となった。それでも3番・吉田が右翼線の二塁打を放ち好機を作った。続く4番・杉本がカウント3ボール2ストライクからの低めスライダーを上手くはじき返して中前打。二走の吉田が本塁へスライディング。際どいタイミングも判定はセーフとなり追いついた。

 しかし、その裏に村上に勝ち越し本塁打を打たれて再びリードを許した。

 ▼オリックス・杉本 打ったのはスライダーです。なんとか正尚を還すことだけ考えて打席に入っていました。振りすぎないように意識していましたし、いいところに飛んでくれました!

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年11月25日のニュース