V率21%何の!オリックス球団史上初の大逆転日本一へAJ弾2勝目!27日から舞台は「ほっと神戸」

[ 2021年11月25日 21:26 ]

SMBC日本シリーズ2021第5戦   オリックス6―5ヤクルト ( 2021年11月25日    東京D )

<日本S ヤ・オ(5)>9回無死、ソロ本塁打を放ちポーズするジョーンズ (撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 オリックスが6―5でヤクルトに競り勝ち、連敗を3で止め通算成績を2勝3敗とした。第6戦は27日から場所をホームのほっともっとフィールド神戸(18・00)に移して行われる。

 過去のシリーズで2勝3敗から本拠地に戻ったケースは全部で19度。そのうち逆転で日本一になった球団は1980年の広島、83、91年の西武、2003年のダイエーの4球団。日本一確率は21%となっているがどうか。

 また、1勝3敗から2勝3敗にしたケースは過去17度。その中で逆転で日本一になったのは1955年の巨人、58年の西鉄、86年の西武、89年の巨人の4球団で日本一確率は24%。上記のケースと同じく過去のデータでは厳しい状況が続くがどうか。

 なお、2勝3敗から本拠地に戻ったケースで前身球団の阪急は1967、69年の2度、本拠地に戻っているが、ともに第6戦で敗れ日本一を逃している。1勝3敗から2勝3敗にしたケースでも67、69年に加えて68年も該当するが、この年も第6戦で敗れた。84年は第6戦に勝利したが第7戦で敗れ日本一を逃している。今回オリックスが日本一に輝けば球団史上初の快挙となる。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年11月25日のニュース