DeNA・尚典コーチ 「3割トリオ」にバント指令 宮崎、佐野、牧の中軸でも「勝つために準備」

[ 2021年11月25日 05:30 ]

鈴木コーチ(右)は中軸打者にもバントの練習を求めていく
Photo By スポニチ

 来季からDeNAで打撃部門を担当する鈴木新コーチが、宮崎、佐野、牧に送りバントの準備を命じた。「バントはしてもらうつもり。勝つために準備はしようと(秋季練習中に)3人にも伝えた」と語った。

 三浦監督初年度の今季、3人は打率3割以上をマークして引っ張ったが、チームは6年ぶりの最下位。リーグ2位の打率・258だった打線もつながりを欠いた。犠打数はリーグ5位の81で、3人のうちでは1年目の牧の1つだけ。宮崎と佐野は入団以来、犠打を記録していない。

 98年の日本一メンバーで、2度の首位打者に輝いた鈴木コーチ。「3人に序盤でバントはないが、試合終盤は展開によってはある。春季キャンプもその練習は増える」と訴えた。(大木 穂高)

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年11月25日のニュース