日本ハム・野村が大好きなBiSHにお願い「札幌で歌って」

[ 2021年11月25日 10:12 ]

日本ハム野村
Photo By スポニチ

 日本ハム・野村佑希内野手が「BiSH」にラブコールを送った。千葉・鎌ケ谷の球団施設で自主トレを行う21歳が24日、「登場曲を来季も継続するので札幌ドームで歌って欲しい」と熱望した。

 楽器を持たないパンクバンドとして人気のBiSH。今年のNHK紅白歌合戦にも初出場するが、野村は「星が瞬く夜に」を登場曲として使用してきた。19年9月に左股関節後方亜脱臼で辛いリハビリに入ったとき、救いとなったのがBiSHだった。「バラエティー番組で知ってから本当に大ファン。チームにも好きな人が多いし、札幌に来てくれたら試合前に歌って欲しい。生で聴きたい」と熱く語った。

 今季は1軍に定着し、99試合出場で打率・267、7本塁打、37打点を記録した。来季は3割20本を目標に定める。BiSHのメンバーの1人が札幌市出身という縁もある。野村は「自分が活躍すれば来てくれるかもしれない」と真剣な表情だった。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年11月25日のニュース