オリックス離されん! T-岡田が意地の同点打 逆転狙った杉本は惜しくもタッチアウト

[ 2021年11月25日 19:40 ]

SMBC日本シリーズ2021第5戦   オリックスーヤクルト ( 2021年11月25日    東京D )

<ヤ・オ>6回2死一、二塁、右前適時打を放つT-岡田(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 オリックスのT―岡田外野手(33)が1勝3敗の崖っぷちで迎えた「SMBC日本シリーズ2021」第5戦で同点打を放った。

 1-2で迎えた6回。2死から吉田が一塁手・オスナの悪送球で出塁すると、続く4番・杉本がこの日3本目となる安打で一、二塁と好機を広げた。ここで、ヤクルト先発・原を降板に追い込んだ。

 ヤクルトの2番手は田口がマウンドに上がった。この好機で打席に立ったT―岡田が1ボール1ストライクからの外角ストレートを右前打。二走の吉田が生還し同点。送球の間に二塁を狙ったT―岡田が一、二塁間で挟まれると、三塁に到達していた杉本が本塁を狙った。タッチをかいくぐろうとしたもののアウトとなり逆転とはならなかった。

 ▼オリックス・T―岡田 打ったのはツーシームだと思います。正尚がよく走ってくれましたし、“気持ち”で打ちました!なにがなんでも勝って、神戸に帰れるように頑張ります!

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年11月25日のニュース