がんばろう、KOBEに帰るために…オリックス・中嶋監督 崖っぷちから3連勝日本一へ「全力でやる」

[ 2021年11月25日 05:30 ]

SMBC日本シリーズ2021第4戦   オリックス1-2ヤクルト ( 2021年11月24日    東京D )

<ヤ・オ>ヤクルトとの接戦に敗れ、厳しい表情の中嶋監督(撮影・平嶋 理子)
Photo By スポニチ

 日本シリーズの第4戦は24日、東京ドームで行われ、オリックスがヤクルトに競り負け、3連敗で崖っぷちに追い込まれた。同じ6安打で1点止まり。継投も決まらず、前夜に続いて1点差で敗れた。中嶋聡監督(52)は攻守で打開を期し、25日の背水の第5戦を見据えた。勝って、25年前に日本一を決めた神戸へ、帰ろう――。 

 崖っぷちに追い込まれた。1点を追う9回2死二塁、T―岡田が放った一塁左へのゴロは好守に阻まれた。痛恨の3連敗。前夜に続く1点差で、惨敗は一度もない。中嶋監督は「接戦ですが、しっかりやれていない部分がある。接戦だから…とは感じていないですけど」と絞り出した。

 「(救援陣は)難しい場面だとは思うが、こういう試合は、四球がすごく気になりますよね。どうしても、それが大きくなっているのかなと思います」

 振り返った分岐点は同点に追いついた直後の6回だ。5回1失点の山崎颯に代打を出し、2番手には増井を起用した。日本ハム時代には2度の日本シリーズで計6試合に登板。経験値を買った起用が誤算だった。

 最初に与えた四球は村上の一直併殺で運にも救われながら、2死から再びサンタナに四球を与えた。中村には右前打を許し、たまらず一、二塁で投入した比嘉がオスナに勝ち越し打を浴びた。これが決勝点になった。

 畳みかけられない打線も歯がゆい。石川に対して5回までわずか1安打。6回2死から宗と福田の連打で1点差を追いついた後、吉田正が二飛に倒れ、勝ち越し機をつかめなかった。4試合を終えて先制したのは第3戦だけ。もう一押しができず、僅差で競り負ける悪循環だ。

 「もう少し的を絞っていけたのかなと思います。考えが、まとまらず、手を出してしまっているようにも見える。昨日ミーティングをしていますが、うまくできていない」

 25日の第5戦は背水の一戦。敗れれば、25年ぶり日本一への道は断たれる。望みをつなげるためには勝ち続けるしかない。

 「あと1個負けたら終わりなので。もう全力でやるだけなので」

 まずは連敗を止める白星。一つ勝てば、神戸へと舞台が移る第6戦へ持ち込める。ロッテとのCSファイナルSを制した時、中嶋監督は「神戸で(日本一を)決めたい気持ちもあります」と誓っていた。96年には歓喜に沸いた思い出の場所へ――。“全員で勝つ”の合言葉で最後まで戦うしかない。(湯澤 涼)

 ▽オリックスの神戸での日本シリーズ グリーンスタジアム神戸(現ほっともっと神戸)を本拠地としていた過去2度のシリーズは通算5試合2勝3敗。

 【95年】ヤクルトと対戦し、神戸で開幕。第1戦2―5、第2戦2―3で連敗。シーズン首位打者のイチローが徹底マークにあい、2試合で7打数1安打と沈黙した。神宮での3連戦は●○●の1勝2敗。1勝4敗で優勝を逃し。再びの神戸帰還はかなわなかった。

 【96年】巨人と対戦。敵地・東京ドームで2連勝後、神戸での第3戦も5―2の3連勝で王手。第4戦は1―5で落とし、第5戦は1点先制を許した直後の3回、2死満塁からニールの適時2点二塁打を皮切りに一挙5得点で逆転。5―2で4勝1敗として優勝。悲願の本拠地胴上げを果たした。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年11月25日のニュース