ヤクルト・原 第5戦先発へ間に合った CSで右手打球直撃で降板も回復

[ 2021年11月25日 05:30 ]

キャッチボールで調整する原(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 ヤクルトは20年ぶりの日本一がかかる先発マウンドに上がることが予想されるのは原だ。

 12日のCSファイナルS第3戦で先発も、2回に右手に打球が直撃して負傷交代。22日には伊藤投手コーチが「本人もちょっと探りながら、という感じ」と説明していたが間に合ったようだ。

 6年目の今季レギュラーシーズンは3勝1敗、防御率2・30だった右腕が日本シリーズ初登板に臨む。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年11月25日のニュース