西武・稼頭央ヘッド「やる、やらないで差が出てくる」オフの重要性を熱弁

[ 2021年11月25日 05:30 ]

西武・松井ヘッドコーチ
Photo By スポニチ

 西武の松井ヘッドコーチが、選手のオフの過ごし方について「やる、やらないで差が出てくる。この2カ月は本当に大事」と熱弁を振るった。

 自身の現役時代は「“なんか変わったな”とか“体デカくなった”というのを感じてもらいたくて、少人数でやっていました」と回想。「全員に可能性がある。集まった時に他の選手との違いを出せるか、そういうアピールになっていく」と期待を寄せた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年11月25日のニュース