阪神・村上「ローテーション目指して」ウエスタン3冠から来季は1軍での飛躍目指す 30万円アップで更改

[ 2021年11月25日 16:00 ]

契約更改を終え会見に臨む阪神・村上頌樹(代表撮影)
Photo By 代表撮影

 阪神・村上頌樹投手(23)が25日、西宮市内の球団事務所で契約更改に臨み、30万円アップの750万円でサインした。(金額は推定)

 「(来季は)初勝利を目指して、そこからローテーション入りを目指して、頑張っていきたい」

 今季は1軍で2試合に先発して0勝1敗、防御率16・88と壁にはね返された。「少し投げミスをしても2軍ではファウルになったり、打ち取れたりするんですけど、1軍ではヒットやホームランに簡単になってしまう」と違いを痛感したというが、ウエスタン・リーグでは最多の10勝を挙げ、防御率(2・23)、勝率(・909)で「3冠」に輝いた。来季の1軍定着を見据え、今秋はフォーム修正に力を注ぎ、土台づくりに励んでいく。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年11月25日のニュース