日本S第5戦 東京D球速表示にネット突っ込み「157のフォークやばい」「サウスポーで163とか国宝」

[ 2021年11月25日 20:41 ]

SMBC日本シリーズ2021第5戦   オリックスーヤクルト ( 2021年11月25日    東京D )

<ヤ・オ>オリックス先発の山崎福(撮影・島崎 忠彦)
Photo By スポニチ

 オリックスが1勝3敗の崖っぷちで迎えた「SMBC日本シリーズ2021」第5戦が東京ドームで行われ、表示されたスピードガンの誤表示にネットがツッコミの声であふれ返った。

 初回1死二塁で山田を打席に迎えた場面。カウント1ボール2ストライクから投じたストレートを捉えた山田の強烈な打球に山崎福が素早く反応し、投ゴロに仕留めた。このストレートが「155キロ」。続く2回には無死一塁から中村に投じたスライダーが「156キロ」。さらに2死から西浦がフォークを中前打した際には「157キロ」と打球速度を計測する誤表示。

 その後も何度も150キロ超えを計測し、極めつけは7回、オリックスの3番手・富山が西浦に投じたストレートを左前打されるとスピードガンの表示は「163キロ」だった。

 この表示にネットでは「福也さん155!?そんな出たっけ笑」「155?」「福也155!?流石に打球速度か?」「さちやが155????」「山崎、あの力感ない感じで155出るんかよw」「155は流石に誤計測だろ」「嘘やろ?????」「157のフォークはやばい」「157フォークとか大谷超えてるわ」「東京ドームのスピードガンいかれてる笑」「左ピッチャーで163km/hは草」「157キロのフォークとか最速140キロ後半の投手が163キロストレートとか半端ねぇw」「サウスポーで163とか国宝だろ」「富山163投げたん?」「163キローーー!!!!!!!!」といった声が上がった。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年11月25日のニュース