阪神 今季育成から支配下登録の小野寺 230万円UPの650万円で更改「レギュラーを取りにいきたい」

[ 2021年11月25日 17:00 ]

契約更改を終え会見に臨む阪神・小野寺暖(代表撮影)
Photo By 代表撮影

 阪神・小野寺暖外野手(23)が25日、兵庫県西宮市内の球団事務所で契約更改に臨み、今季420万円から230万円アップの年俸650万円(金額はすべて推定)でサインした。

 「支配下にもなって、うれしいことも多いシーズンでしたけど、やっぱり悔しい方が多かったシーズンでした」

 2年目の今季は4月18日に育成から支配下登録。5度の昇格機会を得て、優勝争いの終盤戦でもスタメン出場するなど貴重な経験を積んだが、34試合に出場して打率・179、1本塁打、2打点の数字には満足していない。「(球団からは)ファームで首位打者取ったり、十分レベルが上がってきているという風には言っていただきました。(来季へ)一番はレギュラーを取りにいきたいと思います」と、厳しいポジション争いを勝ち抜いての3年目の飛躍を狙う。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年11月25日のニュース