巨人・丸、8回執念同点打 2軍から復帰後打率.455、好調要因は「自分の形で振る」

[ 2021年6月30日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人11―8広島 ( 2021年6月29日    東京D )

<巨・広>8回2死一、二塁、同点適時打を放ち手を叩く丸(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 巨人の丸が8回の同点打を含む2安打2打点と気を吐いた。

 8―7の8回2死から松原が死球、ウィーラーが四球を選んで一、二塁。中前適時打を放ち「もらったチャンスだったので、本当に気持ちで食らいついた」と振り返った。

 3回にも中前適時打を放ち、2軍再調整から復帰後9試合で打率.455。「無理振りしないというか自分の形で振る」と要因を語った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年6月30日のニュース