広島、勝った 宇草の決勝2ランで連敗を8でストップ セ・リーグの交流戦勝ち越しも決めた!

[ 2021年6月15日 21:14 ]

交流戦   広島5ー3西武 ( 2021年6月15日    マツダ )

<広・西(3)>8回2死一塁、広島・宇草は左越えに勝ち越しの2点本塁打を放つ (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 広島ベンチに、久しぶりの笑顔が帰ってきた。連敗を8で止め、12年ぶりとなるセ・リーグの交流戦勝ち越しも決定。主力も控えもない。全員の力で勝ち取った1勝だった。

 ヒーローは2年目の宇草だ。8回2死一塁から左翼へ決勝2号2ラン。雨を切り裂き、ファンの歓声を呼んだ。3度リードを奪いながら、先発・大瀬良が粘り切れず3度追いつかれる嫌な展開。8回の守備では、会沢が挟殺プレーで足をひねり、負傷退場するピンチもあった。それでも、2死満塁もピンチで、二塁手・菊池涼がファインプレー。勝利への執念が最後に報われた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年6月15日のニュース