広島 新外国人左腕バードが圧巻デビュー 1回を3人でピシャリ 佐々岡監督「楽しみ」

[ 2021年6月15日 05:30 ]

交流戦   広島2-3西武 ( 2021年6月14日    マツダ )

<広・西(2)>9回2死、西武・呉の一ゴロでベースカバーに入る広島・バード(撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 広島の新外国人左腕のバードが圧巻デビューを果たした。

 1点劣勢の9回に来日初登板。金子、森をスライダーで連続三振に斬ると、呉念庭(ウーネンティン)は149キロ直球で一ゴロに仕留めた。

 「1軍に呼ばれ、とてもうれしい。ツーシームが驚くほど決まったし、スライダーも悪くなかった。精度を上げていきたい」。

 佐々岡監督は「対左でも攻めるところは攻めていた。楽しみ」と期待感を示した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年6月15日のニュース