エンゼルス・大谷、代打登場で三振もチームは6連勝 次戦登板は18日に決定

[ 2021年6月15日 02:30 ]

インターリーグ   エンゼルス10-3ダイヤモンドバックス ( 2021年6月13日    フェニックス )

<ダイヤモンドバックス・エンゼルス>代打で登場も三振に倒れる大谷(AP)
Photo By AP

 エンゼルスの大谷はダイヤモンドバックス戦で8―2の8回の先頭で代打出場し、空振り三振に終わった。

 チームは2年ぶりの6連勝で、5月1日以来の貯金1。主砲トラウトが離脱しながら踏ん張っており、マドン監督は「(好調は)投手陣の好投から始まっている」と喜んだ。

 指揮官は大谷の次回登板が17日(日本時間18日)の本拠地でのタイガース戦に決まったと公表。新型コロナ対策の規制緩和に伴い収容人員の100%を受け入れる初日で、大観衆の後押しを受けて3勝目を狙う。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年6月15日のニュース