西武・平良が記録更新!開幕33試合連続無失点 会沢を併殺に仕留め7セーブ目

[ 2021年6月15日 05:30 ]

交流戦   西武3ー2広島 ( 2021年6月14日    マツダ )

<広・西>9回に登板し、無失点に抑えた平良(撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 西武・平良が記録を更新した。1点リードの9回に登板。「ホームランを打たれないように、甘いボールがいかないように意識して投げました」。1死から二塁・山野辺の失策で走者を背負ったが、代打・会沢を139キロカットボールで二ゴロ併殺に仕留めて7セーブ目を挙げた。13日にプロ野球新記録を樹立した開幕からの連続無失点を33試合に更新。「今日は、まとまっていて良かった。自分の与えられた場所で精いっぱい頑張るということだけです」とクールに話した。

 これで豊田投手コーチらが持つ開幕を問わない34試合連続無失点のパ・リーグ記録に王手。交流戦最終戦となる15日の広島戦で、3連投でパのトップに並んでみせる。(花里 雄太)

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年6月15日のニュース