西武の新4番・呉が4戦連続打点「全集中、鬼の呼吸」

[ 2021年6月15日 05:30 ]

交流戦   西武3ー2広島 ( 2021年6月14日    マツダ )

<広・西>4回無死一、二塁、右前に先制の適時打を放つ 呉(撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 西武の新4番の台湾出身・呉念庭(ウー・ネンティン)が、4回無死一、二塁から4戦連続打点となる先制打。「初球のカーブである程度、曲がり具合が分かった」と薮田のカーブを叩いた。

 35打点はチームトップで、得点圏打率は5割ジャスト。大人気漫画「鬼滅の刃」がお気に入りで「全集中、鬼の呼吸です」と笑わせた。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年6月15日のニュース