巨人・岡本和「最低限進塁打の意識」でV二塁打 原監督、逆転勝利に母校Vの「東海大相模にあやかったよ」

[ 2021年4月2日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人3ー1中日 ( 2021年4月1日    バンテリンD )

<中・巨>勝利し、原監督(右)にエアタッチで迎えられる岡本和(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 守備と攻撃は表裏一体で密接に関係する。巨人・岡本和が決勝打した一戦から見えたのが、堅守の大切さとも言えるだろう。

 「追い込まれていたので最低限進塁打の意識でコンパクトにいった」。0―1の6回に相手遊撃手の京田が打球をトンネルし、一、二塁の場面。松葉の外角球に腕を伸ばして右中間へ運んだ。逆転の2点適時打。ミスで得た好機を確実にものにするためにも、コースに逆らわないシンプルな打撃に徹した。

 3アウトで攻守交代するルールの中で、原監督は守備に関する持論がある。「投手にとって4アウトを取ることがいかに困難か。5アウトならば2点は入る」。1イニングに2度も守備のミスがあれば2点は奪われる、ということである。

 3回には自軍が適時失策で先制を許した。2死一、三塁でビシエドの飛球を、右翼手の梶谷がグラブの土手に当てて落球。逆に相手失策を突いて3点を奪い、逆転勝利した。原監督は「(逆転勝利でセンバツVの母校)東海大相模にあやかったよ」と笑った。(神田 佑)

 ▼巨人・大城(6回の左前適時打を含む2安打で開幕から6戦連続安打)その前のところ(4回1死一、二塁)で打ててなかったのでよかった。1球目から打ちにいけているので、それがいい結果になっている。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月2日のニュース