日本ハム ドラ1伊藤大海 本拠地初登板で4回3失点、失点はいずれも2死から直球打たれる

[ 2021年3月7日 14:32 ]

オープン戦   日本ハム―巨人 ( 2021年3月7日    札幌D )

<オープン戦 日本ハム・巨人>日本ハム先発のドラフト1位右腕・伊藤大海(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 日本ハムのドラフト1位ルーキー伊藤大海投手(23=苫小牧駒沢大)が7日、巨人とのオープン戦(札幌D)に先発登板。4回を投げ3安打3四球で3失点の内容だった。

 本拠地初登板で、同じルーキーでドラフト3位の古川裕大捕手(22=上武大)とバッテリーを組み、初回は無失点だったが、2回2死満塁から梶谷に中前2点適時打。3回は2死一塁から大城に右翼線適時二塁打を浴びた。

 失点はいずれも2死から甘く入った直球を打たれたもので、開幕ローテーション入りに課題を残す結果となった。

  ▼日本ハム・伊藤 悪いところもあれば良いところもあった登板でした。課題は明確になってきたので、同じ失敗を続けないように、一つずつクリアしていきたい。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年3月7日のニュース