エンゼルス・大谷の登板ローテ“曜日固定なし” マドン監督が中5日起用案明かした

[ 2021年3月7日 02:30 ]

オープン戦   エンゼルス7-3アスレチックス ( 2021年3月5日    メサ )

<アスレチックス・エンゼルス>オープン戦で力投する大谷(エンゼルス提供)
Photo By 提供写真

 エンゼルスのジョー・マドン監督は大谷の初登板を「フォームが安定し、腕の振りが良かった。過去の球速を取り戻し、スプリットが素晴らしかった」と高評価した。

 今季は先発ローテーションは6人で回す予定。「“サンデー翔平”のように投げる曜日を特定することはない。順番が来たら投げる」と従来の中6日固定ではなく、連戦中は中5日も交えて起用する方針を明かした。

 また打者としての出場も「全ての状況にオープンに考えている」と説明。これまでは登板前日と翌日は休養日としていたが、体調など考慮しつつ柔軟に検討していく意向だ。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年3月7日のニュース