巨人・大城 適時二塁打に2度の盗塁阻止!!正捕手争いで大きくアピール

[ 2021年3月7日 18:14 ]

オープン戦   日本ハム1―4巨人 ( 2021年3月7日    札幌D )

<日・巨>2回1死一塁、今川の二盗を阻止する大城(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 巨人の大城卓三捕手(28)が7日、日本ハムとのオープン戦(札幌ドーム)に「6番・捕手」で先発出場し、攻守に躍動した。

 2―0で迎えた3回の第2打席。2死一塁で日本ハム先発のドラフト1位・伊藤(苫小牧駒大)の145キロの直球を捉え、「しっかりボールを強く叩けました。丸さんがしっかり走ってくれました」と右翼線へ適時二塁打を放った。

 守備では初回、2回と2イニング連続で完璧な送球で盗塁を阻止。小林、炭谷らとの正捕手争いで大きくアピールした。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年3月7日のニュース