中日・根尾 ドラ1対決で“先勝” 同じ4球団競合の楽天・早川から先制適時打

[ 2021年3月7日 14:46 ]

オープン戦   中日―楽天 ( 2021年3月7日    バンテリンドーム )

<中日・楽天OP戦>2回2死一、二塁、根尾は先制となる左前適時打を放つ(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 「ドラ1対決」を制した。中日・根尾が2回2死一、二塁から左前適時打。相手先発・早川に2球で追い込まれながらもファウルで粘り、最後は7球目の外角カットボールを左前へ。左翼手・島内のグラブのわずか手前で弾み、貴重な先制点をもたらした。

 根尾は18年ドラフトで、早川は20年ドラフトでともに4球団競合の末にプロ入り。注目を集めた「ドラ1対決」のファーストラウンドは根尾が制した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年3月7日のニュース