阪神・青柳に漂う貫禄 日本一のソフトバンク相手に4回無失点「僕にとってすごい収穫」

[ 2021年3月7日 05:30 ]

オープン戦   阪神3ー1ソフトバンク ( 2021年3月6日    ペイペイドーム )

<ソ・神>4回無失点の好投を見せた阪神・青柳(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 開幕先発ローテーションの一角・阪神の青柳が、貫禄の4回3安打無失点の好投を展開した。

 3回の大ピンチを乗り切ったのが、大収穫だった。牧原大に左前打、今宮に四球で無死一、二塁。中村晃を遊飛で1死を取ると、4番・長谷川には外角低めツーシームで投ゴロ併殺打に打ち取り、無失点で脱出した。見逃しで2ストライクと追い込んだ3球目の内角高めシンカーがアクセントとなった。「左打者の内角を攻めるのが昨年からの課題。反応を見たりとか、見逃したりとか、カウントが取れるのがわかったので僕にとってはすごい収穫」。相手先発・高橋礼との変則右腕対決も制してみせた。

 「開幕まであと2回くらいなのでテンポとか球数とかを調整していきたい」。登板が有力視される開幕第2戦の27日ヤクルト戦へ、準備を進める。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年3月7日のニュース