×

楽天・マー君と対戦 中日・根尾「次は打てるように」 高橋周&平田は「凄い」

[ 2021年3月7日 05:30 ]

オープン戦   楽天1―2中日 ( 2021年3月6日    バンテリンD )

<中・楽>5回1死、田中将は根尾を二ゴロに打ち取る(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 日米通算177勝右腕が、多彩な「引き出し」の一部を披露した。楽天・田中将大投手(32)が6日、中日戦でオープン戦に初登板し、4回から2番手で4イニングを3安打2失点。6回にスプリットを痛打されると、7回には決め球をスライダーに切り替えるクレバーさで計6三振を奪った。

 ▼中日・根尾 直球も変化球もどの球種もストライクを取れるし、アウトも取れる。球界でもトップレベルの投手はこういう投手と思った。次は打てるように頑張ります。

 ▼中日・平田 直球も変化球も切れが凄かったし、安定感が凄かった。

 ▼中日・高橋周 投げミスがない。(空振り三振した内角直球は)あれがファウルにならない。単純に凄いなと思いました。

 ▼中日・与田監督 半分も力を出してないんじゃないかな。まだまだ力を持っている投手。試しながら投げていた。本気モードになったときに点を取れるようにしたい。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年3月7日のニュース