激しさ増す西武の外野手争い 岸3安打に若林は好守 辻監督は「激戦ですよ」

[ 2021年3月7日 18:10 ]

オープン戦   西武4―2ロッテ ( 2021年3月7日    ZOZOマリン )

<ロ・西>2回2死、バットを折りながら二塁打を放つ岸   
Photo By スポニチ

 西武の外野手争いが激しさを増してきた。2年目の岸が3安打と猛アピール。「札幌で2打席に立たせてもらったけど、結果を出せなかった。今日が最後(のチャンス)という気持ちで臨んだ」。前日の6日が夫人の誕生日だったといい「良かったです」と喜んだ。

 外野は中堅・金子、右翼・木村はほぼ確定。左翼はスパンジェンバーグが最右翼だったが、いまだ来日の予定が立っていない。

 岸とともに外野の一角を狙うドラフト4位ルーキー・若林(駒大)はこの日はノーヒットだったが、初回の守備で荻野の左翼線の安打をすばやく処理。二塁への好返球でアウトにした。

 「若林は足、肩といいものを持っている。岸も今日は良かった」と辻監督。「激戦ですよ」と激しい外野手争いによるチーム力の底上げを歓迎していた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年3月7日のニュース