中日・与田監督がシーズン報告 大島オーナーは「とにかく優勝」厳命

[ 2020年11月13日 15:20 ]

シーズン終了報告を行った中日・与田監督(右)と握手する大島オーナー
Photo By 代表撮影

 中日の与田剛監督(54)が13日、名古屋市内の中日新聞社で大島宇一郎オーナー(56)にシーズン報告を行った。

 
 約1時間の会談を終えた与田監督は、60勝55敗5分けで、8年ぶりのAクラスとなる3位に入った今季について大島オーナーから「皆、よく頑張ってくれたと、少しずつステップアップしたことは評価していただいた。新型コロナウイルスの感染拡大で大変な中、感染者を出さずに戦ってくれたという言葉をいただいた」と会談内容を明かした。

 一方で、巨人に独走を許しリーグ連覇された現状を踏まえ「“とにかく優勝してくれ”と強い言葉もいただいた」と来季、10年ぶりのリーグ優勝を厳命されたことも明かした。

 今季は故障者が続出し、選手層の薄さが露呈。与田監督は補強について「できる範囲でお願いします」と大島オーナーに要望。

 外国人選手はアルモンテ、シエラ、ロメロ、ゴンサレスと支配下4選手と契約を打ち切ったことから、「野手1人、投手1人は最低でもお願いしたい」とした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年11月13日のニュース