西武ドラ2、NTT東日本・佐々木 忘れられない“先輩の言葉”を胸につかんだ夢

[ 2020年11月13日 09:00 ]

西武からドラフト2位指名を受けたNTT東日本・佐々木健(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 10月26日のドラフト会議。今年も多くのドラマが生まれた。西武からドラフト2位指名を受けたNTT東日本・佐々木健投手(24)は幼い頃から思い続けた夢がようやくかない、歩んできた道に思いをはせた。

 「高校から大学、社会人と環境を変えてやってきた。小さい頃は高卒でプロという夢がありましたけど、今となってはこうやって進めて来られて良かった。本当に成長の連続で、学ぶことがたくさんあった」

 青森県出身。高校までは地元で過ごし、卒業後は岩手県の富士大に進学した。「都会には憧れがあった。実力をつけて、いつかプロ野球でという思いはずっとありました」。だが大学3年までに思うような結果を出せず、プロ志望届提出を断念。NTT東日本に入社した。

 左腕は1年目から先発マウンドを任された。最速153キロの直球に、打者のタイミングを外すチェンジアップ。緩急のある投球スタイルで、即戦力に進化を遂げた。ただ、技術面以上に精神面で成長したという。「本当にレベルの高い環境。その中で、練習態度、試合に向かう姿勢を先輩やコーチに教えてもらった。そこが社会人にきて一番良かったなと思う」と2年間を回顧する。

 忘れられない言葉がある。「一日一日、後悔しない生活をしてるか?俺はいつ死んでも悔いがない生き方を毎日してる」。ある先輩に言われ、はっとした。高校、大学と一生懸命野球をやってきたつもりだった。だが振り返れば、練習での妥協があった。言われたことをこなすだけで、自らすべきことを考えていなかった。「人として甘い、野球に対する姿勢が甘いと痛感した」。それ以来、後悔しないようにやれることは全てやってきた。そして、夢をつかんだ。

 いよいよプロ野球選手としてスタートを切る。ただその前にあと一つ、やるべきことがある。NTT東日本の一員として戦う舞台が残されている。第91回都市対抗野球大会。佐々木は「僕を獲ってくれた会社には本当に感謝しています。最後に一番大きい大会があるので、絶対に活躍してチームを日本一に導きたい」と力を込める。初戦は27日のJR北海道硬式野球クラブ戦。最高の置き土産を残し、プロの世界に飛び込む。(記者コラム・岡村 幸治)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年11月13日のニュース