阪神が組閣発表 新設・バント担当に久慈コーチ 分析担当に筒井コーチ

[ 2020年11月13日 05:30 ]

阪神コーチングスタッフ
Photo By スポニチ

 阪神は12日、来季の1、2軍の監督、コーチの陣容を発表した。1軍では井上打撃コーチがヘッドコーチに昇格。北川2軍打撃コーチは1軍打撃コーチとなる。

 新たに2つのポストを新設。久慈内野守備走塁コーチがバント担当を、筒井外野守備走塁コーチが分析担当を兼務する。矢野監督は「担当部署がある程度はっきりした中でやってもらうものも必要。全員で強くしていかないと」と説明した。

 2軍では清水雅治ヘッドコーチが野手総合コーチに。久保田智之投手コーチと田中秀太内野守備走塁コーチが新任となる。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年11月13日のニュース