明大 完封リレーで6季ぶり40度目優勝 フレッシュトーナメント

[ 2020年11月13日 05:30 ]

東京六大学野球フレッシュトーナメント・決勝   明大1―0慶大 ( 2020年11月12日    神宮 )

東京六大学フレッシュトーナメント・優勝した明大ナイン
Photo By スポニチ

 明大が6季ぶり40度目の優勝を飾った。2年生右腕・高山が7回途中無失点の粘投。2番手・石原と完封リレーで慶大を1―0で下した。「初戦の早大戦は気合が空回って失点したが、今日は粘れた」。

 高山はDeNAからドラフト1位指名を受けた入江の作新学院、明大の後輩。憧れの存在の入江には前夜、寮の部屋に呼ばれ「頑張れ」と激励されての好投で、応援に駆け付けた入江も「よく抑えた」とねぎらった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年11月13日のニュース