慶大・善波力 明大前監督の父見守る中好リード

[ 2020年11月13日 05:30 ]

東京六大学野球フレッシュトーナメント・決勝   慶大0―1明大 ( 2020年11月12日    神宮 )

 慶大は1点が遠く昨秋以来の優勝を逃した。今大会初の先発マスクをかぶった1年生の善波力は、父が明大前監督の善波達也氏。対戦相手をよく知る父も見守る中で、多彩な投手陣を懸命にリードも、競り負けた。

 「たくさんいる投手の持ち味を最大限生かせるようにしないと。この経験を必ず次に生かす」と雪辱を誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年11月13日のニュース