レッズ・バウアー サイ・ヤング賞受賞「特別な思いだ」NPBに興味も

[ 2020年11月13日 05:30 ]

ナ・リーグのサイ・ヤング賞を受賞したレッズのバウアー(AP)
Photo By AP

 自身初の栄冠で、レッズ勢としてのサイ・ヤング賞受賞も初の快挙となったバウアーは「ずっと求めてきたものを手にし、特別な思いだ」と感慨に浸った。

 賞を争ったダルビッシュとは互いに認め合う仲で「自分やデグロムと同様に受賞に値したと思う」と称えた。現在はFAで日本の球団も来季の所属先として除外しない方針。昨年12月に来日してDeNAの2軍施設などを訪れた29歳は「日本でプレーすることに興味がある。私は日本の文化や野球に敬意を抱いている」とした。

 ▼メッツ・デグロム(3年連続受賞ならず3位)いつ開幕するか分からずタフなシーズンだった。オフにたくさんキャッチボールをして、遠投をしたことで球が以前より力強くなった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年11月13日のニュース