阪神・矢野監督 痛恨のバスターエンドラン失敗に「俺自身が受け止めている」

[ 2020年9月15日 22:00 ]

セ・リーグ   阪神3―6巨人 ( 2020年9月15日    東京D )

<巨・神>7回、選手交代を告げて厳しい表情の矢野監督(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 阪神は巨人に優勝マジック38の点灯を許し、今季初めて自力優勝の可能性が消滅した。

 勝負を分けたのは逆転を許し2点劣勢で迎えた7回の攻撃。安打と四球で無死一、二塁の好機を作り、打席に立った梅野の2球目にバスターエンドランを敢行も空振りで二塁走者・小幡の三盗は失敗に終わった。結局、この回は無得点に終わり、流れは巨人に傾いた。矢野監督は「勝負にいった結果なんでね。責任というか、それは俺自身が受け止めている。俺としてはいくべきところでいったというところ」と振り返った。

 逆転優勝へ3連勝を目指した3連戦の初戦を落としてゲーム差は10・5差。極めて厳しい状況に追い込まれたが指揮官は「この一敗で下向いて野球やるわけじゃない」と明日の試合へ気持ちを切り替えた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月15日のニュース