カブス・ミルズがノーヒッター!Wソックスのジオリトに続き今季2人目

[ 2020年9月15日 02:30 ]

ナ・リーグ   カブス12―0ブルワーズ ( 2020年9月13日    ミルウォーキー )

<ブルワーズ・カブス>無安打無得点試合を達成しし、捕手と抱き合って喜ぶカブスのミルズ(AP)
Photo By AP

 カブスの右腕ミルズが13日(日本時間14日)、ブルワーズ戦で無安打無得点試合を達成した。ホワイトソックスのジオリトに続き、今季2人目。昨季メジャー初勝利を挙げたばかりの28歳は「どんなふうに喜んでいいのか分からなかった」と初々しく笑った。

 12年にロイヤルズのドラフト22巡目(全体673番目)で入団。16年にメジャーデビューしたが翌年に戦力外も経験した。地区首位のチームでダルビッシュの7勝に次ぐ5勝目で「決して諦めず、努力し続けることが大事なんだ」と語った。自己最多の114球を投げ、変化球を低めに集めてゴロを打たせた。奪った空振りはわずか5回。無安打無得点試合では10年に完全試合を達成したブレーデン(アスレチックス)に並び、過去30年間で最少の珍しいケースとなった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月15日のニュース