西武連勝!8回、スパンジェンバーグが逆転2ラン ロッテ3連勝でストップ

[ 2020年9月15日 20:43 ]

パ・リーグ   西武4―3ロッテ ( 2020年9月15日    メットライフD )

8回2死三塁、逆転右越え2ランを放つスパンジェンバーグ(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 西武は2―3とリードされて迎えた8回にスパンジェンバーグの逆転11号2ランで試合をひっくり返して、チームは2連勝を飾った。

 打線は0―3と3点リードされた7回2死走者なしで高木の2号ソロで反撃開始。8回は先頭の代打・森が二塁打し、続く金子の中前適時打で1点差に詰め寄った。さらに2死三塁でスパンジェンバーグがロッテ2番手のハーマンが投じた初球を右翼席へ運ぶ2ランで逆転に成功した。

 投げては先発の高橋光が7回109球を投げて、7安打3失点も勝ち負けつかず。この後、2番手として8回1イニングを三者凡退に抑えた小川が今季2勝目をマークした。9回は増田が試合を締めて、今季18セーブ目をマークした。

 ロッテは先発の石川が7回1/3、92球を投げて6安打3失点も勝ち負けつかず。2番手のハーマンが8回にスパンジェンバーグに一発を浴びて、チームの連勝は3で止まった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月15日のニュース