DeNA・大和が負傷交代 左膝付近に自打球当て悶絶 左犠飛放つも守備から退く

[ 2020年9月15日 19:41 ]

セ・リーグ   DeNA―ヤクルト ( 2020年9月15日    神宮 )

<ヤ・D>4回1死一、三塁、大和が左犠飛を放つ(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 DeNAの大和内野手が左膝付近に自打球を当てて負傷交代した。

 「8番・二塁」で先発出場。3―2の4回1死一、三塁で打席に入ったが、6球目が左膝付近に当たる自打球となり倒れ込んだ。肩を抱えられながら一度ベンチに下がって治療。それでも再び打席に立つと、左犠飛で貴重な追加点を挙げたが、痛みからか表情は険しく、ゆっくりと歩いて三塁ベンチへ戻った。直後の4回裏から退き、代わって柴田が入った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月15日のニュース